ヴェポライザー

ヴェポライザー-九雲-くも。日本製巻正の安い加熱式たばこ!

更新日:

こんにちは。

ヴェポライザーって海外製しか見た事無くないですか?

なんと日本でも制作されている物があるので、

今回はその日本製のヴェポライザーを紹介します。

 

中国や欧州、ヨーロッパ方面などで(ほとんどやないかい!)

ヴェポライザーが流行っています。

なので海外製が主に輸入されてきて販売されていますが、

なんと日本製で制作されているヴェポライザーがありますのでご紹介します。

 

 

 

 

 

巻正(MAKIMASA)製 -九雲-くも

巻正という国内初の手巻用喫煙具ブランドから発売されています。

CHECK!!

 

 

お値段は安めと5000円を切るくらいの価格帯。

見た目は派手でもないしシンプルすぎない感じ。

 

 

 

 

 商品詳細

商品詳細を書いていきますが、

使用方法など他のヴェポライザーと対して変わりません!

 

 

 

3段階の加熱設定

こちらのヴェポライザーは3段階の温度調整が可能です。

120℃/193℃/215℃/の3段階。

ん~個人的にはもっと調整できる温度が多いと嬉しいかな。

120℃はそう使う事はないと思うので、大体193℃か215℃での使用がメインになるでしょう。

 

 

 

操作方法

ボタンを連続して5回クリックで電源オン。

温度調整はボタンを長押しすると行えます。

3分使用後に自動でオフする機能が付いています。

他のヴェポライザーと使用感はさほど変わらないです。

 

 

 

保証あり!

保証は購入後3ヶ月間保証あります。

もし初期不良などが合っても安心ですね!

海外製だと、輸入代理店を通して保証が効かない物もあるので

ここは素直にうれしいところですね。

 

 

 

スペアパーツがある!

スペアパーツがあるのはうれしいですね!

消耗品になるスペアパーツが別で売っていなかったら、

本体が壊れていなくとも一部壊れただけで使用が困難になります。

 

しっかりスペアパーツが販売されているところは好感が持てます!

 

 

 

 

まとめ

日本製にこだわりのある方は購入を考えてもいいかもしれません。

特にこだわりがなくて安い物がいい方はこっちのがいいですね。

>>>安くて最強のヴェポライザーはこれ!

値段も安いし温度調整もかなりの幅できます。

まず始めの一機にはおすすめです。

 

始めて買う人は安いの買った方がいいですよ!

ヴェポライザー自体結構好き嫌い分かれるので。

気合い入れて高いの買ってもヴェポライザー自体が

合わなかったら意味ないですからね。笑

 

 

 

-ヴェポライザー
-,

Copyright© 流行り物でおすすめ!売れてる人気商品が気になるんです , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.