ヴェポライザー

ヴェポライザー WEECKE Fenix mini 気になる違いは?比較まとめを簡単に

投稿日:

あのWEECKE Fenix のminiバージョン。

コンベクションタイプで熱対流式のため掃除も楽々!

シャグもまんべんなく加熱されるため、しっかりと吸引することができます。

ムラのない非常に濃厚な味わいを楽しみましょう!

 

WEECKE Fenix mini

以前紹介したWEECKE Fenix のminiバージョン!

CHECK!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WEECKE Fenix mini (フェニックスミニ) スターターキット (電...
価格:7980円(税込、送料無料) (2018/3/12時点)

サイズが非常にコンパクトになっており、

手にすっぽりと収まるヴェポライザーです。

 

 

 

 

miniと通常サイズの違い、比較

気になるのは何が違うかですよね。

 

サイズ

これは言わずもがなですが、サイズが違います。

通常サイズは結構ごつい感じのサイズですが、

miniはとてもスマートでかわいい感じのサイズをしています。

とても小さくてこれ以上小さいヴェポライザーはないのでは??

持ち運びがとてもしやすいコンパクトさです。

 

 

バッテリー容量

バッテリー容量が違います。

サイズが小さい分やはりバッテリー容量も少し小さいサイズに。

・通常サイズ:2200mAh

・miniサイズ:1600mAh

 

使用回数で言ったら、2,3回くらいは変わってくるのかな?といった具合。

持ち運びの携帯充電器を持ち運ぶ前提で使用する方は特に問題ないかもしれません。

かろうじて持ち運ぶつもりがなかったという人は、

miniを選択することによって、ポータブルバッテリーも必要とするかもしれません。

 

 

加熱温度

加熱温度の幅が変わっています。

通常の物よりもグレードアップ!

 

通常サイズ:170℃,180℃,190℃,210℃の4段階で調整

miniサイズ:160~220℃の間を1℃単位で設定可能

 

この違いはデカいですね!

温度調整をシビアに行うこだわりのある方にとっては

なかなかの決定打になります。

これだけでminiを選ぶ価値もありです。

 

 

自動電源オフの時間が短く

自動電源オフの時間が少し短くなっています。

 

通常サイズ:5分

miniサイズ:4分

一度に吸える時間が1分短くなりました。

まぁまた電源入れて吸引続行すれば問題ないので

これはそんなに気にするところでもないかなと。

若干の手間は増えますが。

何とでもなるところだと思います。

 

 

喫煙終了までの時間が表示される

ディスプレイに喫煙終了までの時間が表示されます。

これは一目でわかるのが嬉しいですね。

だぶんこの機能はminiだけなのかな?と思います。

(違ったらこっそり教えて下さい(笑))

 

 

 

比較結果どっちがいい?

比較した結果的にどっちがいいのか。

それぞれ利点欠点あるので、どこを優先するのかですよね。

 

<通常のモデルをお勧めする人>

・少しでもバッテリーの持ちがいいものがいい。

チャンバー容量が大きいものがいい

一度に吸える時間が長い方がいい

 

<miniモデルをお勧めする人>

・加熱温度調整や、残り時間表示などハイスペックなところがいい

・コンパクトで持ち運びが便利なのがいい

 

 

 

さいごに

それぞれの利点欠点を理解して、自分に合った方を選べるといいですね。

簡単には、どんな人がどっちをお勧めするかは上に書いたので

是非参考にしてみて下さい。

 

通常モデルの記事が過去にあるのでそちらも読んでみて下さい

ヴェポライザーFenixはコンベクション型,メンテナンス楽でおすすめ!

[WEECKE Fenix]ヴェポライザーに興味を持った方は 「掃除がめんどくさそう」と思った方もいるはず。 そんな方はコンベクションタイプがお勧め。

2 comments

 

 

 

-ヴェポライザー
-,

Copyright© 流行り物でおすすめ!売れてる人気商品が気になるんです , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.